パワーストーン

誕生石を身につける方法と幸せを呼び込むコツ

誕生石を身につけると、良い出来事に遭遇する…と言う話を耳にすることがあります。スピリチュアルな面では、自分の生まれた月の誕生石を持つと、相性が良いため幸せを呼び込むとも…。

幸運を引き寄せてくれると言われていても、目に見えるものではないので半信半疑に思われる人も多いのではないでしょうか。今回は、誕生石の身につけ方を知って幸せになれるコツをお伝えします。

 

誕生石はお守りの役割

どうして誕生石を身につけると良いと言われているのでしょうか。これは、聖書に12個のパワーストーンが記されていたことから、海外では身を守ってくれる石として親しまれています。魔除けの役割を果たしてくれるとも言われていますので、大切な人からプレゼントされることもありますよね。

知らずにアクセサリーとして身につけていると、実は自分の誕生石だったと言う場合も…。このように、誕生石だからとかしこまらずに、いつものアクセサリーを身につける感覚で持ち歩くことを心掛けます。

 

石の効果と一目惚れで選ぼう

石の選ぶ時に、誕生月の石の種類と効果を調べておく必要があります。365日の守護石があると言う誕生日石もありますので、どの石にすればいいのかがわからなくなりますよね。誕生日の石を持つべきか、生まれ月の石を持つべきなのかが、一番悩むポイントではないでしょうか。

選ぶポイントは、あなたが一番叶えたい効果が得られる誕生石を選びますが、選びきれない時には「直感」で選びます。直感で選んでもいいものなのか不安になりますが、誕生石選びにはインスピレーションも必要なのです。なんとなく気になると言った理由でもいいのです。惹かれるものを感じる石は相性がよく、効果が得られやすいでしょう。

 

ブレスレットも左右の効果に違いあり

アクセサリーとして誕生石を身につける機会が多くなりますが、部位によって得られる効果も変わります。ブレスレットは、叶えたいことがはっきりとしている時は、利き手につけると効果が高まると言われているのです。しかし、自信が持てなくて自分がどうしたらいいのかわからないと言う時は、利き手ではない手首に身につけることをおすすめします。

右手首に身につけると、積極性を高める効果があり前向きな気持ちになれるでしょう。左手首は、内面を磨き上げる効果が高くなり、気持ちを切り替えることが出来ますので、意識しながら身につけるのがポイントです。

 

いつも通りの自分でいたい時にはピアスが有効

パワーストーンのピアスやイヤリングは、身につけやすくお洒落に欠かせないアイテムです。小さい石のピアスは、上品で清楚なイメージが高く好感度も高くなりますよね。

誕生石を耳につけると、落ち着いた感情を保つことが出来るとも言われているのです。冷静な判断力を身につけたい時は、パワーストーンの力を借りて乗り切ることも大切ですよね。直感力も冴えて、頭の中も整理しやすくなります。自分の内側の気持ちにも、耳を傾けることができるので、冷静な判断力を身につけることができるでしょう。

 

ネックレスはマイナス思考を跳ね返す

ネックレスの誕生石を身につけると、マイナス思考を跳ね返す効果があると言われています。首元は太陽の光を直接取り入れやすいため、邪気を寄せ付けずに身を守ってくれるでしょう。可愛いネックレスをさりげなく身につけて、プラスの力を発揮していきたいですよね。ネガティブな自分は、思いきって封印してしまいませんか?

しかし、太陽の光が苦手な誕生石もありますので、パワーストーンの性質を知ってからアクセサリーに選んで身につけるとひび割れや変色防止が出来るでしょう。

 

叶えたい願望に合うパワーストーンと誕生石を合わせる応用も…

誕生石一種類だけではちょっと寂しい…と言う場合は、誕生石と相性の良いパワーストーンを一緒に合わせて身につけることもおすすめです。あなたの願いに合わせた石をいくつか合わせてみると、オリジナルのあなただけのアクセサリーが作れますよね。

手作りのアクセサリーは愛着が沸き、叶えたい意識を石へと自然に向けやすくなります。そのため、市販のアクセサリーよりも、スピリチュアルの効果が高まるでしょう。浄化や感謝の気持ちをアクセサリーに向けると、さらに特別な力を発揮します。

 

石の濁りはパワーダウンの証

いつも身につけていると、アクセサリーも汚れますよね。誕生石は、汚れだけではなく悪い気を閉じ込めてくれる力がありますので、どんどん濁ってしまうのです。

最近調子が悪いと感じた時は、誕生石を浄化させて休ませます。輝きを取り戻したら、また一緒に行動を共にしましょう。誕生石は、不思議な力が宿っていますので、取り扱いは慎重に行うのがポイントです。石の濁りが取れると、あなた自身の心の中もスッキリすることがありますので、一週間に一度は石の濁りを確認すると、常にきれいな状態で身につけていられるでしょう。

小袋に入れて持ち歩こう

誕生石は、アクセサリーでなければいけない…と言う訳ではありません。雑貨屋さんでは、アクセサリーと石のみの2タイプが並べて売られていますよね。あなたの好きな方を選んで下さいね。

アクセサリーを身につけられなくても、誕生石をポケットやカバンに忍ばせて、持ち歩く身につけ方があります。直接ポケットに忍ばせていても問題はないのですが、パワーストーンはデリケートな性質です。キズが付きやすく、環境によっては欠けてしまうことも…。

丁寧に取り扱うことが理想ですので、専用の小さな袋に入れて持ち歩くことをおすすめします。石へのダメージを与えない工夫をすると、いつまでもお守り代わりとして一緒に過ごすことができるでしょう。

 

まとめ

心に余裕がない時や悩み事がある時に、一人では抱えきれない辛さを背負い込んでしまいますよね。誰かに打ち明ければ心が軽くなるとわかっていても、本当に辛い時は、言葉で表現できなくなってしまうものです。

そっとあなたの気持ちに寄り添って、心の声に傾けてみませんか?心の支えが必要になった時は、誕生石を握りしめて下さい。あなたの心の辛さを、誕生石が軽くするお手伝いをそっとしてくれるはずですから。